株は奥が深いと感じる男性

証券会社の公式サイトでアメリカ株の購入方法を事前に

株を始めようかという人にとって得な制度がNISAです。正式には少額投資非課税制度と言います。株で配当金を得ますとそのまま収入になるわけではなく20%課税されるのですが、NISA口座で取引すればそれが非課税になりますからぜひ利用すべきです。さてNISAと言いますと計算しながら日本の上場企業に投資をするというイメージですが、実際は国内株だけではなく外国株もNISAで買えます。なお外国株や海外ETFをどこまで扱っているかは証券会社によって異なりますので注意が必要です。東証一部に上場しているアメリカの会社もありますがそこの株も買えます。買い方は先にドルに替えてドルで買うというのが一般的ですが、外国が対象の場合に気をつけるのは証券会社によって購入方法や細かい手続きが違うということです。NISA口座で購入するのなら外国株も手数料は無料としているところもあります。外国のものを売買するには本来は国内のものに比べて高い手数料がかかりますからこれなら得になります。外国の場合も売却益はかかりませんが、注意するのが配当金です。国内の場合はNISA口座なら年間120万円までの投資分は配当金が非課税ですが、外国の分はそうはいかず課税されます。後からの控除の点など手続きの面でも非常に複雑ですが、利用する証券会社がどういうふうにしているか熟読しなくてはいけません。NISA口座を開設する前から外国株に興味があるのでしたら、開設前の時点で証券会社ごとに外国分の手続きについて読み、それによってNISA口座をどこに作るか決めるのも好策です。証券会社の公式サイトを見ますと、こういうケースでは手続きはこうすることになっていますといった説明が詳しく書かれています。会社の公式アカウントや社員のブログでも有益な情報や手続きの変更点などを連絡してもいますから常に注意しておきます。