株は奥が深いと感じる男性

自社開発のテラモーターズへの投資は提携企業の株を

現在注目されている企業の一つにテラモーターズがあります。テラモーターズは設立してからまだ新しいバイクや二輪車のメーカーですが、開発や設計それに重要な部分の組み立ては自社で行ない、それ以外の部品は他から調達し他の組み立ては賃金の安いアジアの国で行なうというビジネスモデルで、これですと効率が良くバイク代も抑えられますので今大変興味を持たれている企業です。また、バイクに加えて最近はドローンに参入することを発表しました。テラモーターズはまだできて数年の会社ですが、このような新規事業に参入するには老舗企業よりもむしろ身軽と言えますので、これもとても楽しみになっています。バイク、ドローンと注目事業がありますので、このテラモーターズの株に投資してみたいという人も多いですが、この会社は実はまだ未上場で、一般の人は株を買うことができません。こういった場合にはその会社と関連がある上場企業の株を代わりに買うという作戦がありますが、テラモーターズで言いますと、まずはここへの投資企業に注目します。テラモーターズは当初から有望ということで、例えば国内最大手銀行の信託会社、あるいは世界最大手の電機メーカーの創業者などが中心となり資金を調達しています。なのでテラモーターズの分はその銀行やメーカーに投資するという考え方があります。あるいはドローンです。ドローンに参入するということはこれを早急に業務に利用したい建設会社や宅配会社などと今後連携することが考えられますので、そこが上場企業の場合は今からそちらに投資しておくという考えも有望です。テラモーターズのように新興の有望企業でしかしまだ上場しておらずその株は買えない、という場合はそこに投資している企業、あるいは業務提携を結んでいる中で上場企業を探しそちらの株を買うというのが一つの方法になります。